過去に何千件と駆除・防除をしてきましたが、施工スタッフが現場で駆除対象を実際に目の当たりに目視するのは稀です。

本来、ネズミなどの小動物は非常に憶病で警戒心が強いので、普段の匂いや環境に変化があるとその餌場や巣には近寄らず、しばらく様子見をします。安全を確認したうえで戻ってきます。

弊社の防除作業は駆除対象が居ない間に侵入口を塞いでしまうやり方が基本なのですが、侵入経路で一番多いのが雨どいの隙間からです。

施工前

写真は先日防除工事で伺いましたアパートのエアコン配管部分です。

本来は配管カバーの下に蓋があったりコーキングで塞がれているのですが、格好の出入り口になってしまっています。ここから侵入して壁の内側を伝い天井裏に入り込みます。

施工後

パテなどで厚めに塞いでしまいます。

コーキングですと齧られて取れてしまう場合があるので、厚めのパテで塞いであります。

今回は一部分だけの紹介となりましたが、ネズミの場合2~3cmの隙間があればどこからでも侵入口になりえます。

今年のうちにシロアリや害虫・害獣を駆除、予防をして
新しい1年を迎えるのいかがでしょうか(^^)/
何かお困りごとがありましたら、
お気軽にフレックスへご連絡下さい♪