皆さんのご近所に住む人が居なくなった廃墟はありますか?廃墟が徐々に倒壊していく要因は「腐朽菌」です。皆さんがご存じの「カビ」とは少し違い腐朽菌は木材の主成分を栄養にするため木材を腐らせていきます。一方カビは木材の表面だけを栄養源にしているため木材の耐久性にはあまり影響はありませんが、空気中に漂うカビ菌を持続的に吸い込んでいると健康被害を起こします。

この「腐朽菌」と「カビ菌」のどちらの菌も発生条件の一つに水分があげられます。水分や大気中の湿気を抑える事で菌の発生や繁殖を防ぐ事ができます。

菌を予防する一番簡単な方法は「換気」です。定期的に窓やドアを開け建物内に風を通せば、滞った湿気を逃がすことができます。また、人間が生活する上で重要な水廻り設備。水道の配管が老朽し漏水を起こしている状態が長く続けば湿気も増えます。床下を点検していると、洗濯機の排水ホースが抜けていて床下が浸水を起こしているお宅もありました。

漏水や換気の無い場所は、当然菌の温床となります。菌が発生する条件とシロアリが生息できる条件は共通する為、木材腐朽とシロアリによる食害が同時進行しているお宅も多数見受けられます。

弊社では床下の湿気対策として様々なご提案が出来ますのでご相談ください。

———▼△———▽▲———△▼———

今年のうちにシロアリや害虫・害獣を駆除、予防をして
新しい1年を迎えるのいかがでしょうか(^^)/
何かお困りごとがありましたら、
お気軽にフレックスへご連絡下さい♪

———△▼———△▼———▽▲———